MENU

クリアポロンの成分は?【有効成分とその効果】

クリアポロンの成分

クリアポロンはイボケアのために作られたものですが、その成分にはどんなものが含まれているのでしょうか?クリアポロンに含まれている成分を調べてみました。クリアポロンの成分には、どんな効果が期待できるのでしょうか?

 

クリアポロンの有効成分について

クリアポロンには、どのような有効成分が含まれているのでしょうか?その成分とどんな効果が期待できるかをご紹介しましょう。

 

Wヨクイニンは、ハトムギの種子から作られている成分です。クリアポロンには、脂溶性ハトムギ油、水溶性ハトムギ種子エキスといった2種類のヨクイニンエキスが配合されています。

 

ヨクイニンは、昔からイボ取りとして重宝されてきた成分です。2つのヨクイニン効果で、ターンオーバーをしながらイボをケアしていきます。

 

あんずエキスは、ヨクイニンと同様、イボに効果があるといわれています。あんずの種子を絞って精製されたあんずオイルには、皮膚をやわらかくする効果があります。

クリアポロンのその他の成分について

バルミトレイン酸というのは若さの脂肪酸と呼ばれている成分で、お肌の新陳代謝を高めてキメを整えてくれます。加齢とともに減少するので、しっかりと補って若々しいお肌作りを目指せます。

 

ダーマヴェールは、セイヨウシロヤナギの樹皮から採れるエキスです。表皮角化細胞を防ぎ、内部からしっかりと乾燥肌のケアをしてくれます。

 

肌荒れも防ぎ、肌のキメを整えて、敏感肌やくすみが気になる方には最適な成分で、これがクリアポロンにはたっぷりと配合されています。

 

ビタミンC誘導体は、お肌の血行促進、新陳代謝を促す働きをしています。お肌の透明感を目指すための成分です。メラニンの生成も抑えて、色素沈着も防いでくれます。

 

プラセンタは、自然治癒力を高めてくれる作用があり、メラニン色素への働きに注目が集まっています。

 

アラントインは、カタツムリのクリームで話題になった成分です。植物の根や胚芽、カタツムリの粘膜に存在する天然成分で、お肌の炎症や表皮細胞の増殖に効果が期待できます。メラニンを含んだ古い角質除去にも効果があります。

 

コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドという3代保湿成分がクリアポロンにはこれがしっかりと配合されています。

 

コラーゲンはお肌を支えて、ハリを与えてくれます。クリアポロンには、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、サクシノイルアテコラーゲンの3種のコラーゲンが配合されています。

 

5種のヒアルロン酸が配合されていて、お肌の保水力や弾力維持に効果を発揮します。お肌のトラブルというと、ヒアルロン酸が減少しているというのが原因である場合が多いです。

 

セラミド3、スフィンゴモナスエキス、ラウオイルグルタミン酸の3種のセラミドが配合されています。セラミドは、肌細胞の中に、水分と油分を閉じ込めて、お肌に潤いを持たせてくれます。コラーゲン、ヒアルロン酸の保湿効果をサポートしてくれます。

 

セラミドが減少すると、バリア機能が弱くなって、外部刺激を受けやすくなってしまいます。これが敏感肌や肌荒れの原因になるのです。

 

他にも様々な成分が配合されていて、効果が期待できるのも納得ですね。

 

>>クリアポロンの最安値はこちら